お知らせ イベント 子育てインフォメーション 学校インフォメーション 食育 地域情報 よくある質問

現在の位置:ホーム食育 > お弁当の食中毒予防

最終更新日: 2009年2月27日(金曜日) 17時23分 コンテンツID: 4-21-400-745  印刷用ページ

お弁当の食中毒予防

情報発信元 健康推進課(食育)

お弁当の食中毒予防

お弁当は、作ってから食べるまでに時間のかかる場合が多いので
食中毒の原因食になりやすいという問題があります。

お弁当は、準備、手順良く、次のことに注意して作りましょう。

作る前にはしっかりとてを洗いましょう。
そして、清潔な調理器具を用意しましょう。

新鮮な材料を用意して野菜はよく洗いましょう。
卵は、汚れ、ヒビ割れ、賞味期限をチェックしましょう。

お肉やお魚、卵などはしっかり加熱しましょう。
おにぎりを作るときはラップを使うと細菌がつきにくいです。

お弁当箱に詰めるとき、おかずはよく冷ましましょう。
汁気は腐りやすいので、なるべく水気は切りましょう。
果物を一緒に詰めるときはラップに包みましょう。

食べるまではなるべく涼しい場所に保管しましょう。
食べる前には手を洗いましょう。
作り終えたらなるべく3時間以内に食べるようにしましょう。

[ 食育 ]

お弁当作りのポイント 弁当を作る時の注意
食中毒予防 料理と衛生 食中毒予防対策

最終更新日: 2009年2月27日(金曜日) 17時23分 コンテンツID: 4-21-400-745  印刷用ページ

情報発信元

健康推進課(食育) (本庁舎 1階)

住所: 719-3292 岡山県真庭市久世2927-2

電話番号: 0867-42-1050
ファックス番号: 0867-42-1388

くわしいご紹介

アンケート

みなさまのアンケートによってこのホームページがより使いやすくなります。

この情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。
投票しないで結果を見る