お知らせ イベント 子育てインフォメーション 学校インフォメーション 食育 地域情報 よくある質問

現在の位置:ホーム学校インフォメーション > 遷喬小学校

最終更新日: 2016年5月9日(月曜日) 16時32分 コンテンツID: 1-9-123-123  印刷用ページ

遷喬小学校

住所 719-3201  岡山県真庭市久世100
電話番号 0867-42-0033
ファックス番号 0867-42-5543
業務時間 8時15分から16時45分
休日 土曜・日曜・祝日
お問い合わせ

概要

 1874年(明治7年)8月2日、久世村にあった津山藩の郷倉を校舎として開校した。
 「遷喬」の名は、1870年(明治3年)近隣の有志が発起して開いた明親館という塾に掲げられていた山田方谷揮毫の額「出自幽谷遷于喬木」から命名された。

 平成2年、オープンスペースの現校舎に移転して現在に至る。

【教育目標】
  心と体を鍛え 共に学び合う子どもの育成

【学校スローガン】
  TEAM遷喬・PRIDE遷喬
  創ろう新たな「校風」・結ぼう豊かな「絆」


1 めざす学校像
・ 楽しい学校・・・・・・・・・・落ち着いた学習環境づくり 子どもの居場所づくり
・ 信頼される学校・・・・・・・・学校・保護者・地域の連携と協力 情報発信と受信
・ 働きがいのある学校・・・・・・組織的・機動的な対応 子どもの変容を共感し合う教職員


2 めざす子ども像
・ 学び合う子・・・・・・・・・・・・・相手の思いを大切にしながら、互いの考えを語り合う
・ 支え合う子・・・・・・・・・・・・・感謝の気持ちと思いやりの心をもち、進んで助け合う
・ 鍛え合う子・・・・・・・・・・・・・夢をもち、夢を語り、目標に向かって挑戦を続ける


3 めざす教師像
・ 学び合う教師・・・・・・教育の本質をめざし、共感的に切磋琢磨し合う
・ 寄り添う教師・・・・・・深い愛情と根気強さをもって、子どもの成長を支援し続ける
・ 力を伸ばす教師・・・・・自らの指導と子どもの実態とを常に照らし合わせ、研修を重ねる

【重点目標】
教職員の組織的な取組のもと、学校の教育力を高め、「知・徳・体」をバランスよく育てることで、信頼される学校づくりを推進する
【心構え】
    教職員がプロ意識をもち、組織的にその責任と責務を果たす
    笑顔で寄り添い、ほめて伸ばす教育を実践する

  【時・場・言葉】を整える 【聴く力】を育成する

1
 (1) やる気をもって、互いに学び合い、確かな学力を身に付ける「学び合う子」
    ・学習へ向かう姿勢(「聴く」の徹底・チャイムスタート・学習規律・家庭学習の定着)
    ・語り合いの場を確保した授業(岡山型スタンダード・発問の精選・構造的板書)
    ・課題対応(補充学習の充実・放課後学習支援・各種学力調査と確認テストの活用)
 
 (2) 人権意識を大切に、互いに支え合い、高め合う集団をつくる。「支え合う子」
    ・児童会、保護者、地域と連携した取組(あいさつ・返事・言葉遣い)
    ・集団形成(QU活用・いじめ根絶・児童会活動の充実・自治能力の育成)
    ・教育環境の整備(整理整頓・校内掲示の工夫・掃除活動・はきものそろえ)
   
 (3) 基本的生活習慣を定着させ、健全な心と体をつくり、互いに鍛え合う。「鍛え合う子」
   ・健康習慣(早寝早起き朝ごはん・ノーメディアチャレンジ・食育の推進)
    ・運動の習慣化(体育授業の改善・チャレンジランキング・5分間走・外遊び)
    ・夢や希望を共有し合う場と、切磋琢磨し合う場の設定【「知・徳」との関連付け】
   
2 子ども一人ひとりのよさを伸ばす特別支援教育の充実を図る。
 (1) 学習課題や生活課題の大きい児童への個別対応(ケース会議・教育相談の充実)
 (2) 通常学級における適切な指導と支援の具体的実践(見通しのある学習・視覚支援)

3 生徒指導と健全な生活づくりを推進する。
 (1) 時間を守る(チャイムスタート・集合は黙って整列)
 (2) 場を整える(整理整頓・はきものそろえ・ハチネボそろえ)
 (3) 言葉を美しくする(あいさつ・ハイという返事・相手や場に応じた言葉遣い)

4 教職員の指導力向上と機動的な組織体制をつくる。
 (1)学力向上・外国語活動を中心とした校内研修の充実(小中連携の推進)
 (2)校務分掌・各種委員会の活性化(直後プランの実施)
 (3)共通理解・共通行動(報告連絡相談確認記録・即日対応・事後フォロー)

5 家庭や地域との連携・協力を深め、開かれた学校づくりを推進する。
 (1)家庭地域への情報発信と意向受信(各種たより、学年学級懇談、支部懇談会、公開日保護者アンケート、学校ホームページ)
 (2)「学校支援地域本部事業」の活用と推進(学校支援ボランティア、見守り隊)
 (3)保幼小中の連携を生かした教育の推進(久世地区講演会、メディア対応、うちどく啓発)
 
   
   
  
    

  

児童数
学年 1組 2組 3組 学年計
24 26 27 77
34 33   67
34 33   67
29 30   59
28 28 29 85
32 32   64
特別支援 知的7 情緒2   6
総合計       428

[ 学校インフォメーション ]

学校インフォメーション 小学校

最終更新日: 2016年5月9日(月曜日) 16時32分 コンテンツID: 1-9-123-123  印刷用ページ