ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 こどもICTネットワーク > 施設・学校別 > 小学校 > 八束小 真庭食材の日

本文

八束小 真庭食材の日

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0032356 更新日:2020年7月15日更新
真庭食材の日5

令和2年度7月15日水曜日、八束小学校では、真庭市内(蒜山地域)で生産されたり収穫されたりした食材を使った給食を提供しました。当初予定していた7月14日火曜日は、大雨警報の発令により、臨時休業となったため、今日となりました。

この日の献立は、「蒜山大根菜めし、蒜山ジャージー牛乳、ニジマスの甘辛揚げ、蒜山野菜のあっさり漬け、夏野菜の味噌汁、セレクト蒜山ジャージーヨーグルト(マンゴー・白桃・ブルーベリーの中から選択)」。真庭の食材がたっぷり使われているメニューです。

夏野菜の味噌汁に入っている「なす」は、生産者の代表として来校してくださった清友健二様が生産されているものでした。清友様からお話を聞く機会にも恵まれ、素敵な詩もプレゼントしていただきました。

「どんぐり 食べた 縄文人」「お米 食べます 弥生人」「真庭の 野菜で まにわ人」ランチルームに掲示させていただいています。

また、三ツ宗宏教育長様もお越しくださり、子どもたちと給食を共に食べてくださいました。「真庭には3つの力があります。つくる力、つながる力、まもる力・・・・。」3つの力についてのお話もありました。

報道関係者も来てくださっていて、インタビューを受けた児童もいます。

真庭の食材を使ったおいしい給食を食べ、真庭の良さを改めて感じることのできた「真庭食材の日」となりました。

真庭食材の日6
真庭食材の日1
真庭食材の日7
真庭食材の日3
真庭食材の日4

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)