ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 こどもICTネットワーク > 施設・学校別 > 小学校 > 八束小 親子で体験!わくわく防災ワークショップ

本文

八束小 親子で体験!わくわく防災ワークショップ

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0034648 更新日:2020年9月26日更新

令和2年9月26日土曜日、八束小学校で「親子で体験!わくわく防災ワークショップ」を開催しました。これは、PTA研修育成部が中心となり企画したワークショップです。親子でできる体験型プログラムを通じて有事の際の対応力を身につけるとともに、親子で「自分たちの地域は自分たちで守る=共助」の意識を高めたいと考え、行いました。

子どもも大人も合わせると全体で、約200人が、原則同じ地区のメンバーで構成されたグループに分かれ、ワークショップに参加しました。

日本防災士会岡山県支部や真庭市消防団の協力をいただき、大盛況に終わることができました。

この企画は、当初5月末に行う予定でしたが、コロナ禍の中、9月末に延期しました。また、感染症対策で、可能な限りグループ人数が少なくなるよう考えました。また、換気、手指の消毒、マスク着用等、対策を講じながらの実施です。

参加してくださった皆さん、御協力くださった皆さん、大変ありがとうございました。

防災学習4
防災学習1
防災学習2

体育館では、防災士の方から講話を聞いたり、消防団活動についての説明を受けたりしました。DVD視聴もしました。

防災学習3

防災減災スタンプラリーにもチャレンジしました。大人も子どもも自分だったらどうするか、真剣に考えました。

防災学習4

段ボールベッドや簡易トイレ等、避難所開設用品の展示コーナーもありました。

防災学習5
防災学習6

「防災的な手ぬぐい活用法を班で5つ考案せよ!」というミッションにも取り組みました。残った時間で、新聞スリッパを作ったグループもありました。

防災学習6
防災学習7

「災害時の非常食について知ろう」のコーナーでは、様々な種類の非常食について知ることができました。パンとご飯を家に帰って試食しました。

防災学習8

「防災グッズ選び」コーナーでは、避難するための荷物づくりを制限時間3分間で行いました。たくさんあるグッズの中から選ぶのは、なかなか難しいです。どんなものを選んだかなぜ選んだかを聞いてみると、一人一人考えが違うことに改めて気づきました。