ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 こどもICTネットワーク > 施設・学校別 > 小学校 > 飯島先生 出前授業(Zoom) 中和小学校

本文

飯島先生 出前授業(Zoom) 中和小学校

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0035029 更新日:2020年10月6日更新

遠隔授業で、しっかり勉強!

授業の様子 毎年、楽しみにしている飯島先生の出前授業ですが、今年は、コロナ禍のためZoomでの遠隔授業となりました。

 でも、中和小学校の3・4年生8人は、いつも元気で前向きです。遠隔授業でもしっかりと先生のお話を聞きながら学習しました。

 また、子ども達のお助けに「おにぎりマン」こと小桐さんもかけつけてくださいました。小桐さんには、Zoomの使い方についてアドバイスしてくださったり、飯島先生の授業を分かりやすく板書してくださったり、大変お世話になりました。

 本当に、ありがとうございました。

「自然は、ありがとうでつながっている…」

 飯島先生の教えは「自然は、ありがとうでつながっている」ということ。でも、そのつながりを見つけるのは、なかなか難しい…。飯島先生は、生き物の観察をするときの3つの視点を教えてくださいました。

  1. 体のつくり
  2. すみか
  3. くらし 

 生き物を見るときに、この3つを視点にすると「ありがとうのつながり」が見えてくるということなのです。飯島先生は、ブラキオサウルスや、オニヤンマなどいろいろな生物を例に挙げ、分かりやすく、説明してくださいました。

 子ども達の学習ぶりはすばらしく、一生懸命にメモをとったり、質問したりという姿が輝いていました。

飯島先生メモをとる

休憩時間は、名刺交換!!

 休憩時間には、飯島先生と和気あいあいとお話タイム。中和の子ども達は、自分たちのオリジナル名刺を作っています。Zoomを通じて、飯島先生と名刺交換をしました。みんな、本当に楽しそうでした!!

ちなみに、下の写真は、左から、名刺交換の様子、名刺(表面)、名刺(裏面)*オリジナルキャラの中和ッパ(ちゅうかっぱ)です!

 名刺交換名刺名刺

みんなでフィールドへ!

フィールドワーク  授業のラストは、実際にフィールドへ出て自然観察。アキアカネやウスバキトンボ、セスジスズメの幼虫、トノサマガエルなどを発見しました。これらの生き物を飯島先生から教えていただいた3つの視点「体のつくり」「すみか」「くらし」で見つめます。

 さあ、本番はこれからです。中和新聞記者の活躍を期待しています。