ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 こどもICTネットワーク > 施設・学校別 > 小学校 > 八束小 バイオマス出前講座

本文

八束小 バイオマス出前講座

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0035053 更新日:2020年10月6日更新
バイオマス学習1

令和2年10月6日火曜日、5年生が2時間目6年生が3時間目にバイオマス出前授業を教室で受けました。

真庭市産業観光部林業・バイオマス産業課の道下主任がきてくださり、真庭市のバイオマスについてわかりやすく説明をしてくださいました。

動物や植物から生まれたくり返し使える資源のことを「バイオマス」ということや真庭市がなぜバイオマスに取り組むようになったか、また真庭市ではどんなことをしているかを写真等を見ながら学習することができました。真庭市の面積の約8割が山林であること、その木を生かして木材利用とバイオマス利用することで、「木を使い切る真庭」であることも改めてわかりました。平成30年4月1日から真庭市内の小中学校は、バイオマスエネルギーを使っています。

便利な生活が生んだ2つの問題についても触れ、少なくなる資源とあつくなる地球についても考えました。周りには、使える資源がたくさんあります。「これって本当に使えない?」と考え、資源を有効に使っていくことの大切さも感じることができた学習でした。

来週には、実際に「真庭バイオマス集積地」「真庭バイオマス発電所」を見学する予定です。

バイオマス学習2
バイオマス学習4
バイオマス学習3