ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

中和小 小串小学校とZoomで交流

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0035243 更新日:2020年10月12日更新

Zoomでの交流にチャレンジ!

Zoom 令和2年10月9日(金曜日)、中和小学校の3・4年生8人が、Zoomを使って、岡山市立小串(こぐし)小学校の3・4年生と交流しました。例年は、お互いに学校を訪問していたのですが、今年は、コロナ禍のためZoomでの交流となりました。

 Zoomでの交流は、今回が初めてとあって、思いがけないハプニングもありましたが、それもまた、やってみて分かること!今後につながる素晴らしい交流ができました。

Zoomで自己紹介!

 まずは、お互いの自己紹介。一人一人、名前と好きなことなどを伝え合いました。4年生はお互いに昨年度の交流で顔見知りですが、3年生とは初対面。みんなワクワクしながら画面を見つめていました。小串小の子ども達の紹介が終わったら、中和小の番です。1人ずつカメラの前に立って自己紹介。ちょっと不思議な気分だったかもしれませんね。

自己紹介自己紹介自己紹介

植杉川の生き物を紹介!

 さあ、ここからが本番です。中和小学校の子ども達は、先日の植杉川調査で発見した生き物を紹介しました。まだ、調査途中ではありますが、パワーポイントの資料を提示しながら、生き物の名前や特徴を説明しました。

 みんなたいへん良く調べていて、しかも、自分でパワーポイントにまとめているところが、素晴らしかったです! 

説明説明説明

これからが本番!

 さて、初めての交流を終えて、中和小学校の子ども達は、一人一人ふりかえりをしました。「練習では、大きな声ではっきりと話せたけど、本番では、緊張したので声が小さくなりました。次はもっと頑張りたいです。」「すこしざわついてしまうときがありました。次はこんなことがないようにしたいです。」など、しっかりと自分自身や学級全体のことを見直し、次につなげようとする気持ちが感じられる素晴らしいふりかえりができていました。

 また、今回の授業を参観してくださった皆さんからも、いろいろな成果や課題をいただきました。小串小との交流は、これからが本番です。今回の反省を生かして、次回はもっと素晴らしい交流になることでしょう。今から楽しみです!

がんばれ! 3・4年生!