ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 こどもICTネットワーク > お知らせ > お知らせ > 月田小学校 お飾り作りをシニアクラブの方に教えていただきました

本文

月田小学校 お飾り作りをシニアクラブの方に教えていただきました

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0051669 更新日:2021年12月14日更新

 

 12月10日 月田シニアクラブから10人の皆様にお越しいただき、5・6年生が正月のおかざりづくりを教えていただきました。

     おかざり作り

 「綯う」について校長先生からお話をしていただきました。

   しかし「綯う」は、なかなか簡単にはいきません。「泥棒を捕まえてから縄を綯う」ということわざもにもあります。

 児童達は、「拠る」や「捻る」などを入れながらも、丁寧なご指導のおかげで、藁の感触を味わいながら、上手に「綯う」ことができ、立派なおかざりを作ることができました。

 

    おかざり作り   おかざり作り

     おかざり作り おかざり作り おかざり作り

      おかざり作り

  「綯う」ことができるようになることが、「おかざりを作って正月を迎える」意義や

  「綯った縄の他の使い道」(田植え・儀式の時に使う等)を知ることなど、

  「文化・伝統」の “継承” 、自分たちの暮らしなどを考える機会にもなり、

  貴重な経験をさせていただきました。 

   月田小学校も、児童44名と先生方一人ひとりが、気持ちや行動を「綯う」ことで、

  強くたくましい学校を作りたいと思いました。

   月田シニアクラブの皆様、大変ありがとうございました。