ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 こどもICTネットワーク > お知らせ > 行事の様子 > (樫邑小)EM菌培養

本文

(樫邑小)EM菌培養

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0063764 更新日:2022年9月26日更新

   1

 9月26日(月曜日)に、真庭旭ライオンズクラブ5名のみなさまに来ていただき、EM菌培養についてご指導を受け、作業をしました。

 一昨年度までは高学年が実施していましたが、昨年度より全校児童で実施しています。

 まずは、6年生が、5つのポリタンクに、EM菌と糖蜜を上手に等分しながら入れていきました。

 その後、全校児童でバケツの水につけた米ぬかから汁を出し、じょうろに移し、ポリタンクへ注入していきました。

2 3 4

 ライオンズクラブのみなさまは、作業の手順をわかりやすく説明し、児童の作業を優しく手助けしてくださいました。

 予定時間よりも早く作業が終わりました。全校児童がみんなで力を合わせて作業できたからです。

 昨年度までの経験がある高学年児童が、作業をよくリードし、下級生に教えてくれたこともあり、早く作業が進みました。また一つ、樫邑小の伝統が引き継がれました。

6 7 8

 今後は3週間、ポリタンクの中の液を毎朝かき混ぜます。昨年度も作業日以来、児童は登校してきたらすぐ、忘れずに作業をしていました。とても立派だなと感心しました。

 今年度もみんなで相談し、当番を決めました。明日から毎朝、作業をしてくれると思います。

 3週間後には、プールに投入する作業をします。再び真庭旭ライオンズクラブのみなさまにお越しいただき、ご指導、ご支援いただく予定です。この作業をすることで、プールに汚れがつきにくくなり、来年度のプール掃除がしやすくなります。

 真庭旭ライオンズクラブのみなさま、ご指導ご支援ありがとうございました。

 次回もよろしくお願いいたします。


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?