ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 こどもICTネットワーク > お知らせ > 行事の様子 > (樫邑小)きれいな花がさきますように

本文

(樫邑小)きれいな花がさきますように

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0066044 更新日:2022年11月10日更新

9 

10日(木曜日)、地域の福島さんに来ていただき、チューリップの球根を植えました。

弘済会、岡山県学校生活協同組合から100個を越える球根をいただきました。

福島さんから球根の受け方のコツを教えていただきました。

球根は丸い形ではないので、向きをそろえて植えることやプランターにどれぐらい土をいれるとよいかなど丁寧に教えてくださいました。

子どもたちは上学年と下学年がペアになって球根を植えていきました。

プランターに土を入れる作業は力が必要なので上学年が、土をならす作業は下学年が移植ごてで、役割を分担して作業していました。

球根の向きを確認しながら、花の色の配置も考えながら、ペアで協力して楽しく植えることができました。

仲良く作業している姿は見ていて、心がほっこりします。

仲良く協力できる子どもたちは樫邑小学校の自慢のひとつです。

1 2 3

プランターに球根を植えた後、水やりをしました。

植えた後は少し多めに水をあげなくてはいけません。始めは高学年が進んで水やりをしてくれていましたが、

「私もやりたい。」と低学年も水やりをしてくれました。

「先生、この土は倉庫に運んだらいいですか。」と子どもたちが進んで片付けもしました。

素晴らしい子どもたちだなと感心しました。

4 6 7

最後に福島さんが子どもたちにメッセージを送ってくださいました。

「この花が咲く頃には6年生は中学生になっています。ぜひ、小学校に花を見に来てください。」

「この花が咲く頃はみんな次の学年になっています。球根は寒い冬を土の中で過ごし、芽を出します。みんなも次の学年に向けて、しっかり自分を成長させてください。」

チューリップの球根のように、春には一人一人の子どもたちが新しい芽を出し、それぞれに花を咲かせてくれると思います。

福島さん、ありがとうございました。

8

 

 


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?