ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 こどもICTネットワーク > 施設・学校別 > こども園 > すてきな絵本を頂きました(北房こども園)

本文

すてきな絵本を頂きました(北房こども園)

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0072720 更新日:2023年5月11日更新

「おはなしきかせてひいじいちゃん」~阿口の歴史とたからもの~

えほん
「阿口の遺産を後世まで語り継ぎたい」という思いを、阿口の椙原啓二さんからお聞きして「真庭なりわい塾」の皆さんが、一冊の絵本を作られました。阿口の鉱山が栄えたさま、「大正田」、里山のなりわいの暮らし、子どものころの遊び、阿口の自然など、たくさんのエピソードが詰まっています。その絵本をこの度北房こども園に4冊頂くことになり、5歳児が代表して受け取りました。
なりわい塾
絵本の中に出てくる阿口のお話を紹介してもらった子どもたちは、頷いたり返事をしたりしながら聞いていました。
そして絵本を大きくしたパネルを見ながら、岡山弁で書かれたおはなしを読んでもらいました。
「うりぼう」や「きつね」「うし」などたくさんの動物も出てきて、いつの間にか子どもたちは、絵本の世界に引き込まれていました。
パネル
うし
たくさんの方の思いでできあがった絵本を頂いて
ありがとうございました。子どもたちみんなと大切に読ませていただきます。

みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?