ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 こどもICTネットワーク > お知らせ > 行事の様子 > (樫邑小)川柳に挑戦

本文

(樫邑小)川柳に挑戦

印刷ページ表示 大きい文字で印刷 記事番号:0059688 更新日:2022年6月8日更新

 6月8日のスピーチタイムで、自分が考えた川柳を発表しました。

「わくわく」と「テレビ」をお題に、今日の発表に向けてそれぞれが川柳を考えてきました。

自分の考えや気持ちを伝えることが、ちょっぴり苦手なかしっこたち。

スピーチタイムは自分の考えを伝えるためのとても大切な時間です。

かしっこたちのどきどきしている気持ちが表情から伝わってきました。

「今日は川柳を発表します。」と校長先生が発表の仕方のお手本(例)を見せてくださいました。

少し練習をした後、「だれからやりますか。」の問いかけに、真っ先に手を挙げた6年生。

さすが、最高学年。積極的な姿勢に感心しました。

発表後には、友だちから感想を教えてもらいました。

「ぼくも同じような経験があるので、よくわかりました。」など、自分の経験や気持ちと比較しての感想を伝えることもできました。

1 2 3

4 5 6

考えた川柳は第16回岡山県川柳大会ジュニアの部に投句する予定です。


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?